さまざまな矯正装置

歯科医院での歯の矯正治療には、矯正装置が使われることが多いです。その種類は一つだけではなく、さまざまなものがあります。ブラケットは、一本一本の歯の表面に歯科用接着剤で直接張りつけて使用する矯正装置で、ワイヤを通すための溝があります。多くのブラケットは金属素材ですが、中にはセラミックやジルコニアセラミックといった金属以外の素材で製造されたものもあるようです。金属製のブラケットは目立ちやすいというデメリットがありますが、他の素材のものよりも安くて丈夫です。また、歯と装置の境目がわかりやすいというのもポイント。歯みがきがしやすくなります。セラミックブラケットの特徴は、半透明で目立ちにくいという点だと思います。しかし、金属製のものよりも壊れやすいそうです。ジルコニアセラミックブラケットは、耐熱性のセラミック材料です。白くて目立ちにくいほか、セラミックよりも高い強度を持っています。いずれも金属素材の矯正装置より値段が高くなることが多いです。ブラケットの溝にはめて、歯を動かすワイヤには断面が丸い「ラウンドワイヤ」と、四角い「レクタンギュラーワイヤ」があります。太さも細いものから太いものまでさまざまです。ワイヤは歯の動かし方に応じて使い分けます。ワイヤをブラケットに結びつける役割がある金属線を結さつ線といいます。ワイヤとブラケットが結さつ線で結びつけられることによって歯に力がかかります。また、結さつ線ではなく「モジュール」という輪ゴム状の物を使うこともあるそうです。

Dentist News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。歯医者についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com