インプラントの長所と短所

長所

入れ歯のような取り外しによる煩わしきがない。

残っている歯の安定や保護をすることにより、顎の骨の体積が更に減る減少を抑え、骨の活性化も促し、口腔内の老化を防ぐ効果も期待できる。

入れ歯やブリッジに比べ、 より天然歯に近い感覚で噛むことが可能となる。</li> <li>味覚や発音がより自然な状態に近くなる。

見た目も良く、自然な仕上がりが可能である。

《短所》保険外診療のため高額である。インプラントは健康保険が適用されず、その診断から術後のケアにいたるまで、すべて保険外診療になるので高額となる。インプラント1本あたり、およそ数万円前後の費用がかかり、加えて顎の骨にインプラントを入れるための前処置や付加処置が必要な場合はより高額となる。ただし大学病院など高度先進医療の承認を受けている医療機関でインプラント治療が行われる場合、インプラントそのものの手術や義歯(人工歯)等に健康保険は適用されないが、前処置や付加処置が高度先進医療の適用症に該当する症例に限り、特定療養費として再診料、検査、 X線撮影、処置、投薬などに健康保険が適用されるため、自己負担が多少軽減されることがある。

インプラント治療ができない人。重度の歯周病、糖尿病、心疾患を持つ人、高血圧、血液疾患 ヘビースモーカー顎の骨量が極めて少ない人骨粗繋症、放射線治療中の人、インプラントに対する期待が過大(進化しているが万能ではない

インプラントは外科手術である。術後数日間は腫れや内出血があるため休養期間を要す。治療後、注意を要する場合、健康状態の悪化や、他の全身的な治療を受けることにより、まれにインプラントと骨との結合が失われることがある。そのような場合はインプラントをしていることを担当の医師に告げることが必要である。

Dentist News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。歯医者についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com