パーソナルトレーニングの広がりと肩関節トレーニング

最近では、パーソナルトレーニングが人気です。中高年におこりやすい肩関節のトラブルを防ぐためのトレーニングをご紹介します。

正しいトレーニング

普段、肩を動かそうと意識して動かしている人はいないと思います。何も考えず、自然に動いているでしょう。だからこそ、パーソナルトレーニングを行う場合には、どの部分を動かして、どの部分は動かさないのかということを学んでおく必要があります。


よくあるのが、腕だけを動かさないといけないパーソナルトレーニングをするときに、気づかないうちに上半身も一緒に動いていることです。したがって、パーソナルトレーニングのメニューによって、どの筋肉を使うものなのかということを知っておかなければなりません。これを知らずにトレーニングを続けると、普段の無意識の動作が出てしまい、間違ったトレーニングになってしまう可能性があります。これは代償動作と呼ばれ、トレーニングの中でこれを修正していく必要があるのです。きちんと修正できれば、効率の良いトレーニングができたり、姿勢が改善できたりということも見込めます。逆に間違った状態ですトレーニングをすると効率が下がります。


肩や肩甲骨は上下左右に動くだけでなく、離れたり近づいたりといったものも合わさってさまざまな動きをします。肩のパーソナルトレーニングは地味に思えるかもしれませんが、非常に大事です。肩を動かすときには、肩甲骨と上腕骨が連動して動きます。トレーニングにおいては、この連動性が正しく機能しているかをチェックし、どのように修正すればよいか判断しましょう。うまく連動していないと関節痛などのケガを引き起こすこともあるかもしれません。

Personal training News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。パーソナルトレーニングについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com

パーソナルトレーニング 横浜

  • 横浜のパーソナルトレーニング