パーソナルトレーニングの広がりと肩関節トレーニング

最近では、パーソナルトレーニングが人気です。中高年におこりやすい肩関節のトラブルを防ぐためのトレーニングをご紹介します。

正しい動作が重要

肩のパーソナルトレーニングは、機能を改善するリコンディショニングの目的として、正しく行えば高い効果が期待できるものも多いそうです。一人でできるトレーニングもありますので、いくつか覚えておくと良いでしょう。


たとえば、片手にダンベルを持つサイドレイズを行う時、重心が横方向に移動します。フロントレイズであれば、重心は前後方向に移動します。このように、ウェイ卜の使い方によって重心の位置が大きく変わる種目は、それほど多くはありません。この特徴は、機能の改善に生かすことも可能です。


しかし、注意してパーソナルトレーニングをしないと、固定しなければいけないときに肩や肩甲骨が動いてしまうことがあります。本来であればインナーマッスルが鍛えられるパーソナルトレーニングだったとしても、きちんと筋肉が使われない場合があるのです。さらに、リコンディショニングが目的だったのに、ケガの危険性が高い動作が身についてしまうおそれもあります。誤ったフォームを身につけないように、小さい筋肉、簡単な動作でも手を抜かないことが大切です。


肩のパーソナルトレーニングは、一般の人であれば肩こり四十肩の予防改善などに効果的だと思います。しかし、正しいフォームでトレーニングができなければ意味がありません。写真などを見て、正しいフォームを覚えることが重要です。可能であれば、姿勢や動きを専門家に細かいところまでチェックしてもらうのが良いと思います。

Personal training News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。パーソナルトレーニングについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com

パーソナルトレーニング 横浜

  • 横浜のパーソナルトレーニング