矯正歯科治療

学校で矯正装置をからかわれたり、いじめにあったりしませんか? A 矯正歯科治療が普及した現代では、ほとんど心配ないと思われます。 ・矯正歯科治療はいまや”ふつうのこと”矯正歯科治療が珍しかったひと昔前は、矯正装置を付けていることが、小・中学校で好奇心の対象とされたことも確かにあったようです。学校で矯正歯科治療を勧めるところも増えていますし、子供たちの意識にも矯正歯科治療の意味や意義は浸透していますから、原則的に、からかいやいじめといった心配はいらないといっていいと思います。 ・オープンに楽しく、かっこよく 矯正歯科治療は、コソコソ隠れてするのではなく、むしろ積極的に外にアピールするような気持で矯正装置を付けるのがいいのではないでしょうか。例えば、お子さんなどを中心に、矯正装置のリングの色を、「全色ピンクで」「クリスマスだから赤と緑のケリスマスカラーで」友達がやっているから自分も」といったようにファッションとして大いに楽しみ、積極的に発信するような傾向が増えてきました。矯正装置がかっこいいといわれる時代もそう遠くない気がします。

Dentist News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。歯医者についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com