パーソナルトレーニングの広がりと肩関節トレーニング

最近では、パーソナルトレーニングが人気です。中高年におこりやすい肩関節のトラブルを防ぐためのトレーニングをご紹介します。

肩甲上腕関節

肩甲骨の位置をチェックした時に多く見つかる症状として、左右どちらかの肩甲骨が上方に変位しているというものが挙げられます。これは、肩甲挙筋が何らかの要因によって過緊張した状態が続くことで引き起こされます。この状態では、上腕骨と肩甲骨がスムーズに連動することが難しくなり、肩甲上腕関節の可動性の低下につながります。


肩関節の機能を行う際は「肩甲上腕リズムチェック」もあわせて行うこと、より細かく評価することができます。正常な肩甲上腕関節であれば約0180度の範囲で動かすことが可能ですが、そのうちの120度は上腕骨の外転運動、残りの60度は肩甲骨の上方回旋によるものです。この上腕骨と肩甲骨の連動性を「肩甲上腕リズム」と呼び、これをチェックするときには肩甲腕と上腕骨の長軸がなす角度が使われます。しかし、確実なチェックをすることが難しいケースもあるため、肩甲骨の下角を目安に確認するのが良いと思います。チェックのときには外転80120度の範囲で痛みが生じていないかを調べることが大切です。


腱板炎、インピンジメント症候群の場合は、外転80120度の範囲で痛みが現れ、この範囲外では痛みがないことが多いそうです。この範囲で痛みがあったり、ほかの範囲で痛みがあったりする場合には、「インピンジメントサイン」、「アップレイスクラッチテスト」、「スピードテスト」、「ヤーガソンテスト」、「ドロップアームサイン」などもあわせて行うと良いでしょう。

Personal training News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。パーソナルトレーニングについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com

パーソナルトレーニング 横浜

  • 横浜のパーソナルトレーニング