パーソナルトレーニングの広がりと肩関節トレーニング

最近では、パーソナルトレーニングが人気です。中高年におこりやすい肩関節のトラブルを防ぐためのトレーニングをご紹介します。

肩関節のトレーニング

肩関節障害の改善に向けたパーソナルトレーニングには、いくつかポイントがあります。まずは、肩甲胸郭関節に関係する筋の機能を改善して向上させること。これにより、肩甲骨のアライメントの改善が見込めます。次に、肩甲上腕関節に関係する腱板の機能を改善、向上させることです。三つ目は、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節に関係する筋をトレーニングして、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の連動性を高めることです。そして最後は、肩関節の安定性を図ることとなっています。この4つのポイントを意識しながらパーソナルトレーニングを進めていくのが良いでしょう。

人間の体には肩甲骨を固定する機能があります。しかし、悪い姿勢や不適切な動作が癖になっていると、これらの筋が不適切に動因されて肩甲骨も不適切な位置に固定されるようになってしまいます。したがって、肩関節障害を改善する場合には、肩甲骨を正しい位置で固定できるようなパーソナルトレーニングをするのがおすすめです。その際には、重力の影響が比較的少ない仰向けになって肩甲骨の回定を緩めてトレーニングを行うのが良いです。

肩甲上腕関節に関係する腱板の機能を改善、向上させることは、さまざまな肩関節障害を改善するために有効だと考えられています。腱板の主な機能は肩関節を外旋、内旋させることですが、これだけでなく肩関節の関節運動をサポートしています。腱板の筋活動は上肢の肢位によって異なるため、同じ肢位だけでなく肢位を変えながらパーソナルトレーニングをしていくのが大切です。

Personal training News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。パーソナルトレーニングについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com

パーソナルトレーニング 横浜

  • 横浜のパーソナルトレーニング