パーソナルトレーニングの広がりと肩関節トレーニング

最近では、パーソナルトレーニングが人気です。中高年におこりやすい肩関節のトラブルを防ぐためのトレーニングをご紹介します。

肩関節を安定させる

肩関節の安定性を考えている人は四つん這い位でのパーソナルトレーニングをすると良いでしょう。その際、外力に素早く対応して肩関節を安定させる能力も大切になります。普段の生活では肩関節をあまり動かさずに安定させる場面はあまり見られません。そのために、大きく動かすことで肩関節を安定させるトレーニングも取り入れるのが良いと思います。肩関節の安定性や外的負荷に対する反応力の向上においては、バランスボールなどによって不安定要素で負荷をかけると高い効果が期待できます。


肩関節の安定性には、表層筋が関係しています。肩関節の安定性には腱板の機能が関連しており、肩関節の安定性を図るトレーニングにはいくつかあります。肩甲胸郭関節に関係する筋の機能を向上させるものや、腱板の機能を改善、向上させるものなどです。


肩関節障害を改善するパーソナルトレーニングを行う場合は、肩関節の機能を評価する必要があります。チェック方法には何種類かありますが、肩甲骨の位置を把握するためのチェックや、肩甲上腕リズムチェックだけでも十分な情報が得られます。


肩関節障害に対するパーソナルトレーニングを立位で行う場合、肩甲骨肩甲骨の運動に関係する筋の機能もあわせて鍛えなければなりません。そのためには、肩甲骨の位置を正しく把握する必要があります。肩甲骨の位置を知るためには、肩甲骨の上角・下角を目安にすると良いそうです。方法としては、Tシャツの襟などを目安にして上角・下角の位置(左右差)を判別するだけで大丈夫です。

Personal training News

免責事項

管理人:平川 奈津子

  • こんにちは。サイト管理人の平川 奈津子です。パーソナルトレーニングについてサイトを運営しています。 連絡先:admin@wisata-pulautidung.com

パーソナルトレーニング 横浜

  • 横浜のパーソナルトレーニング